洗顔石鹸の泡立ては美肌を求めるならやめた方が良い理由

洗顔石鹸の泡立ては美肌を求めるならやめた方が良い理由

泡立ち

 

洗顔石鹸の泡たては、思春期の頃の肌のように
皮脂分泌が盛んだった頃なら効果的な洗顔法でした。

しかし、大人ニキビには、ほとんど効果がなく
場合によってはニキビを悪化させる手法になりかねません。

 

BSPRIMEもキメ細かい泡で洗顔をしていきますが
顔は絶対に合わ洗顔をしなければいけないわけではないんです。

美肌を追求する人は、ぬるま湯だけで洗顔をしていることが多く
洗顔料を使用しない人が多いようです。

 

ただ、洗顔石鹸は優れた効果を持っていても
洗顔方法が間違っている場合は効果を発揮しません。

洗顔石鹸でニキビが悪化したという人の7割は
洗顔方法が間違っていると言っても過言ではないでしょう。

 

自ら間違った洗顔方法で皮膚のバリア機能を壊し
皮膚のトラブルに結びつかせていることに気が付かず
洗顔料のせいにして、毛穴をスッキリさせず
気分をスッキリさせているわけです。

洗顔料の、すすぎ残しがあると
そこに黄色ブドウ球菌やアクネ菌などが残って
肌のトラブルを招いてしまいます。

 

すすぎは、洗顔料が肌に残らないように
時間をかけて行なうのがコツと言えます。

 

また、刺激の少ない洗顔料を使って
すすぎは、30度くらいのお湯で、すすぎをしっかりと行います。

肌に刺激を与えない洗顔石鹸は
敏感肌の人にも使用が可能なので
BSPRIMEを使ってみると良いですね。

↓↓   ↓↓

黒い洗顔石鹸「BS PRIME」