市販の洗顔石鹸を使ってもニキビが減らないあなたへ

市販の洗顔石鹸を使ってもニキビが減らないあなたへ

139822

市販の洗顔石鹸を使っても
ニキビが一向に減らないと悩んでいるなら
市販されていない洗顔石鹸を試してみると効果が出ることがあります。

理由としては、市販されている洗顔石鹸は
顔の表面の汚れを取り雑菌を防ぐだけしか効果が無いからです。

 

通販で販売されている洗顔料の多くは
洗浄効果に工夫がされていて毛穴の取れにくかった汚れも
スッキリと落として肌のトラブルを防ぐ効果があります。

そんなすごい石鹸なら市販化して
色々な所で販売すれば更に稼げるんじゃないかと
そう思う人もいるかもしれません。

 

商品の価値を高めるには
希少性を出すほうが稼げる可能性が高くなります。

 

そんな、効果のある洗顔料は通販のみで販売されていて
効果の方も口コミでも書き込みされていたりしますね。

例えば、こんな口コミとか参考になりますね。

↓↓      ↓↓

通販のみの話題になっている口コミの原因はコレ!

敏感肌のニキビにおすすめのピリピリしない洗顔石鹸の特徴

敏感肌のニキビにおすすめのピリピリしない洗顔石鹸の特徴

040639

 

敏感肌のニキビって下手に洗顔料を選ぶと
顔がヒリヒリしたりニキビがひどくなったりします。

敏感肌にも最適な洗顔石鹸とは「合成界面活性剤」が
配合されていない石鹸を選ぶことが大切です。

 

逆に、洗浄力が強いと肌に刺激を与える場合もあり
顔がピリピリすることもありますが、中には
何も感じないという人もいるみたいですね。

本来なら、洗顔石鹸は、どんな肌質の人でも使用できるのですが
洗顔石鹸に配合される成分などによって肌に合わないことも出てくるようですね。

 

そもそも、洗顔の目的というのは余分な汚れなどや
皮脂を落として肌の水分と油分のバランスを
適切な状態にして行くことが目的です。

また、外からのほこりなどの汚れや
皮脂などや汗などの内部からの汚れが付着したままだと
結果的に、ターンオーバーが乱れてしまい色々な
肌のトラブルを招くことになります。

 

ひょっとしたら、敏感肌の人たちは
「洗顔よりも敏感肌コスメ選びが重要なのでは?」って
そう思うかもしれません。

また、汚れを落とすだけの洗顔石鹸は
それほど重要なものではないと考えるかもしれないです。

しかし、そんな勘違いが引き起こす肌のトラブルは少なくありません。

 

敏感肌の場合は、落とすべき汚れはしっかりと落とし
肌にかかる負担をなるべく軽減させるのが重要なのです。

これを怠るだけで、どんなに優れた化粧品でも
効果は半減してしまう恐れも出てきます。

 

かといって、洗顔で使用している石鹸は
顔がピリピリする場合は、ひょっとしたら
「合成界面活性剤」が配合されている可能性があります。

合成界面活性剤は、敏感肌の人にとって
強い刺激となり顔がヒリヒリすることもあります。

洗顔石鹸を選ぶ場合はこんな石鹸を使うのも良いかも。

↓↓          ↓↓

敏感肌のニキビにも効果的な洗顔石鹸

保湿力のある洗顔石鹸でニキビは消えるのか検証!

保湿力のある洗顔石鹸でニキビは消えるのか検証!

洗顔

 

保湿力のある洗顔石鹸でニキビは
本当に消えるのかですが
ニキビの基本は毛穴のつまりからなります。

なので、肌に保湿を与えてケアをすることで
角質を柔らかくして毛穴のつまりを取り除くと
ニキビを予防することが出来るということになります。

 

ニキビを予防するには、肌に保湿を与えることが大切で
ニキビケア用の保湿成分配合の洗顔石鹸を使用すれば効果的と言えます。

洗浄力が強すぎると必要な皮脂も洗い落としてしまうので
洗浄力があまり強くなくて肌にやさしい洗顔石鹸を選ぶようにしましょう。

 

余談ですが、化粧水を肌に塗って顔を
パタパタ叩く人がいますがこれは、肌に至芸を与えてしまい
肌にダメージを与えているのと同じなのでやめたほうが良いでしょうね。

肌のトラブルを回避していくには
肌に刺激を与えないことが重要です。

 

肌にダメージを与えない方法は
こちらでも解説しているのでチェックしてみてくださいね。

↓↓     ↓↓

ニキビ減少を実感できる洗顔方法とは?

ニキビ専用洗顔石を使っているのにニキビが増える原因

ニキビ専用洗顔石を使っているのにニキビが増える原因

139822

ニキビ専用洗顔石けんを使っているのに
肌のトラブルが絶えない事ってないですか?

それは、洗顔石鹸の洗浄力が強すぎるせいかもしれません。

 

洗顔石鹸の洗浄力が強すぎると
肌質によっては、ニキビが悪化する恐れがあります。

洗浄力が強い洗顔石鹸は脂性肌の人が使うと
顔のテカリがスッキリと取れるので
洗浄力の強い洗顔石鹸でも大丈夫なんです。

 

しかし、乾燥肌の人や敏感肌の人には
肌のトラブルを引き起こす原因になるので
洗浄力の低い洗顔石鹸を使うと良いですね。

また、どんなに優れたニキビ専用洗顔石けんでも
洗顔方法が間違っているとニキビが悪化したり
全く効果が出ていなかったりします。

洗顔

ニキビ専用洗顔石鹸を使って
ニキビが悪化した人の9割の人は
「洗顔方法は間違っていません」と主張するかもしれません。

しかし、洗顔方法を変えてみると
ニキビが減少したという話も聞きます。

 

洗顔では、以下のポイントを守り
洗顔をすることが重要となります。

・ぬるま湯で洗顔をする

・泡に水分を含める

・泡を立てるのに時間をかけない

・顔に1分以上のせない

・すすぎに時間をかけない

・洗顔料を残さない

以上が洗顔で守るべきことですが
これら全てを守っていてもニキビが悪化する危険があります。

それは、どうしてかは、こちらで解説しています。

↓↓      ↓↓

正しい洗顔方法をしているのにニキビが増える落とし穴

洗顔石鹸でニキビは治っていくのか検証!

洗顔石鹸でニキビは治っていくのか検証!

BS PRIME

洗顔石鹸でニキビが治っていくのかですが
肌のトラブルを解消させるような成分が
配合されている洗顔石鹸ならニキビが解消されていきます。

しかし、多くの人が騙されるのが
「皮脂を落とせばニキビは治る」ということ。

 

実際に「ニキビ専用」というような洗顔料を試してみても
イマイチ効果を発揮しないということや
逆にニキビが増えたと言う事もあります。

どうして、ニキビ専用の洗顔料なのに
ニキビが悪化するのか?

 

泡立ち

 

理由は、洗浄力が強いと言う事に落とし穴があります。

実は、皮脂を落とすことが
ニキビ改善ということではありません。

しっかりと肌に保湿効果を与え
ニキビの原因の根本を絶つような作用がなければ
ニキビは改善されるはずがありません。

 

肌質によっては、洗浄力の強い洗顔料でも
ニキビが改善されることがありますが
洗浄力が強い洗顔料に最適なのは脂性肌の方だと感じます。

理由としては、洗浄力が強い洗顔料なら
脂性肌の人の場合は顔のテカリがスッキリと取れ
不必要な皮脂がない清潔な肌になるからです。

 

しかし、乾燥肌の人や敏感肌の人には
洗浄力の強い洗顔料は最適とはいえません。

なぜなら、洗顔料が強いと必要な皮脂まで取られてしまい
しかも、肌の保湿まで奪われるので肌が乾燥してカサカサになったり
ニキビが悪化したりするからです。

敏感肌の人の場合は、洗浄力の強い洗顔料は
肌に刺激を与えることになるので肌にダメージを与え
顔がヒリヒリする可能性もあります。

 

肌質によっては、洗顔料の種類を変えていく必要がありますが
なんでも、洗浄力が強い洗顔料を選べば良いというわけではないので
洗顔料を選ぶ場合も、あなた自身の肌質を知ってから
選ぶようにしたほうが無難と言えます。

BS PRIMEは、刺激が少なく保湿成分も配合されているので
乾燥肌の人や敏感肌の人には最適な石鹸となります。

↓↓      ↓↓

保湿成分がお肌の奥に浸透「BS PRIME」

BSPRIMEは敏感肌のニキビにも効果的なのか検証!

BSPRIMEは敏感肌のニキビにも効果的なのか検証!

BS PRIME

洗顔石鹸のBSPRIMEは敏感肌のニキビにも効果的なのかですが
正直に言えば、敏感肌の方に使っていただきたい洗顔石鹸です。

理由としては、BSPRIMEは刺激が少ない石鹸なので
洗顔後に顔がヒリヒリすることがありません。

確かに、顔のヒリヒリは慣れればヒリヒリ感もなくなります。

 

しかし、顔がヒリヒリするということは
肌にダメージを与えていることになるので
ニキビができているなら悪化する恐れもあるわけです。

BSPRIMEには天然成分がタップリと配合されているので
敏感肌のニキビも再発しにくい肌にしていく効果が期待できます。

 

ホエイ入りの化粧水やヒアルロン酸入りの美容液などや
天然成分が入っている洗顔料は長時間皮膚に乗せていても
肌に刺激を与えることはなく、逆に肌に良い効果を与えます。

油分と界面活性剤が入っているような洗顔料は
長時間皮膚の上に乗せていると皮膚は刺激されて
肌荒れや発疹やニキビ悪化など肌のトラブルを引き起こします。

 

BSPRIMEは、天然ミネラルとハーブを
ほどよく配合咲いている石鹸なので
肌の汚れを落とすことで肌にハリと潤いを与えます。

キメ細かい泡で毛穴の奥までスッキリと汚れを落とすので
ニキビが再発しにくい肌に生まれ変わります。

 

保湿を奪うだけの石鹸ではなく肌に与える刺激もないので
肌に保湿を与えながら汚れを落とす石鹸なので
乾燥肌の人や敏感肌の人にも最適な石鹸といえます。

↓↓      ↓↓

保湿成分がお肌の奥に浸透「BS PRIME」

正しい洗顔方法6つのサイクルで行なうとニキビはできなくなる

正しい洗顔方法6つのサイクルで行なうとニキビはできなくなる

洗顔

正しい洗顔方法は、一つのサイクルとして
洗顔をしていきますが、この中の一つでも間違っていると
どんなに優れた石鹸でも効果は発揮しません。

正しい洗顔方法の6つのサイクルは以下の通りとなります。

・手を洗う

・洗顔料を泡たてる

・Tゾーンから優しく洗う

・目元や口コとは泡を乗せるだけにする

・ぬるま湯で最低でも20回はすすぐ

・清潔なタオルで顔の水分を取る

まず、清潔な手で洗顔をするために手を洗います。

汚れた手で洗顔をするというのは
手の汚れを顔になすりつけているようなものですし
泡立ちも悪くなるので、清潔な手で洗顔をするようにします。

ビーエスプライム

Tゾーンからやさしく洗い始めますが
モコモコした泡ができたら手と肌の間にクッションのように
泡を乗せて頬や皮脂の多い部分からやさしく洗っていきます。

指は出来る限り肌に触れないようにして
泡で洗うような意識で洗顔をしていきます。

 

乾燥しやすい口元や目元は
泡をのせるだけで十分です。

すすぎは、ぬるま湯で最低20回くらい
すすいだほうが洗顔料が落とせるので
洗顔料が肌に残らないように、すすぎを行います。

 

お湯は33度~36度くらいが理想的と言われています。

 

最後は清潔で柔らかい素材のタオルで
顔の水分を抑えながら取り除きます。

どうして、このようにするかといえば
洗顔後の肌はデリケートな状態になっているため
バリア機能が壊れやすくなっています。

なので、素材の固いタオルで顔をゴシゴシすると
バリア機能が壊れ肌のトラブルを引き起こしやすくなります。

 

ですから、清潔で肌触りの良い
なめらかなタオルを使用することをお勧めします。

そうすることで、ニキビ予防の洗顔石鹸を使用しても
効果を2倍に引き出すことが出来るということになります。

ニキビに悩んでいるなら、こんな石鹸で洗顔をすると良いですよ。

↓↓      ↓↓

ふわふわで弾力のある泡と肌を守る天然成分配合の石鹸

タオルを清潔にしないとニキビが悪化する3つの原因

タオルを清潔にしないとニキビが悪化する3つの原因

洗顔

洗顔をする時に顔を拭きますが
この時にしてはいけないことがあります。

それは、以下の通りとなります。

・洗顔の度にタオルを換えない

・硬い素材のタオルを使用している

・タオルでゴシゴシ顔を拭いている

洗顔後のスキンケアは重要ですが
洗顔をする度に、タオルを新しいものに交換をしたほうが
雑菌が付いていないため顔に雑菌が付着しなくて済みます。

 

タオルを新しいものに交換をしないで
顔の水分をとっていては、どんなに優れた石鹸でも
ニキビが悪化しやすい状態になります。

例えば、使用した食器を洗わないで
他の人が使用した食器をそのまま使用するのと同じで
他の人が使用したり、タオルを一度使用したもので洗顔をするよりも
面倒でも新しいタオルと交換をしたほうが良いと言えます。

 

常に清潔なタオルで洗顔後に使用すると良いですね。

 

また、硬い素材のタオルでゴシゴシ水分を取るのは
肌にダメージを与えているのと同じなので
こういうケースも、肌のトラブルを引き起こす原因になります。

硬い素材でなくても顔の水分を取ろうと
ゴシゴシと拭くのは肌にダメージを与えているので
タオルを顔に押し当てるように水分を取り除くと良いでしょう。

肌のトラブルを防ぎたいという人はこういう石鹸で洗うと良いですね。

↓↓      ↓↓

毛穴の奥までスッキリ落とせる洗顔石鹸