敏感肌が純石鹸を使うと肌トラブルの原因になる理由

敏感肌が純石鹸を使うと肌トラブルの原因になる理由

139822

敏感肌が純石鹸を使うと肌のトラブルの原因になります。

市販されているほとんどの石鹸は
合成界面活性剤が配合されていますので
敏感肌の人は使わないほうが賢明と言えます。

 

理由としては、強アルカリ性で刺激が強い場合があったり
洗顔後に金属石けんが肌にビッシリと覆い尽くして
ニキビを悪化させる原因になりやすい場合もあります。

キレート剤が配合されていないので
腐敗や金属アレルギーを引き起こしやすいこともあります。

 

皮膚科の先生が薦めているからという理由だけで
純石鹸を使うとニキビが悪化する可能性もあります。

また、皮膚科医がスキンケアの専門家とは限らないので
この辺りも自己判断で行う必要がありますね。

 

純石鹸を使う場合は、このような性質があることを
知ってからの方が良いですね。

純石鹸を使っているのにニキビが悪化する場合は
成分的に刺激が強くて悪化したと言えます。

 

敏感肌の人には、低刺激の成分と保湿成分のある洗顔料を使用すると
ニキビ悪化が抑えられる可能性もあります。

敏感肌の人はこういう石鹸を使ってみてはどうでしょう。

↓↓       ↓↓

敏感肌でも安心して使える洗顔石鹸はコレ!

コメントを残す