天然成分配合で安心して使える無添加の洗顔石鹸とは?

天然成分配合で安心して使える無添加の洗顔石鹸とは?

泡立ち

天然成分配合で安心して使える石鹸とは
界面活性剤が配合されていないものが無難な選択と言えます。

アトピーや敏感肌の人にとっては界面活性剤入りの石鹸は
肌のトラブルの原因となるので避けたほうが良いでしょう。

 

市販の洗顔石鹸にはコストを抑えて
大量生産をするために添加物を加えていたり
長期保存に耐えるために保存料を加えていたりして入ることが多いです。

こうした、添加物は刺激物になりやすく
肌にダメージを与える恐れもあり
ニキビが悪化する可能性もあります。

 

また、肌に刺激を与えることを認知しているにもかかわらず
メーカーの利益だけを重視して石鹸成分以外にも物質を加えて
販売している市販の石鹸もあったりしますね。

激安石鹸の場合は、メーカー側の利益だけを重視した石鹸が多く
肌のトラブルになりやすいので避けたほうが無難と言えます。

 

ただ単に安い石鹸だからという理由だけで
購入すると肌のトラブルの原因になるので
成分にも注目するべきと言えますね。

洗顔石鹸によってもニキビを治まらせる事が可能ですが
「高いお金を出すだけ無駄だ」とか「どの石鹸も同じ」と
そう考えている人は、どうぞ、激安石鹸を使ってください。

 

ですが、そんな石鹸を使っている限り
ニキビは治ることがないでしょう。

 

理由は、石鹸の成分や配合している物によって
肌にダメージを与えているからです。

石鹸から見直したいという人はこんな石鹸をオススメします。

↓↓      ↓↓

洗顔石鹸でニキビは治っていくのか検証!

ニキビ専用洗顔石を使っているのにニキビが増える原因

ニキビ専用洗顔石を使っているのにニキビが増える原因

139822

ニキビ専用洗顔石けんを使っているのに
肌のトラブルが絶えない事ってないですか?

それは、洗顔石鹸の洗浄力が強すぎるせいかもしれません。

 

洗顔石鹸の洗浄力が強すぎると
肌質によっては、ニキビが悪化する恐れがあります。

洗浄力が強い洗顔石鹸は脂性肌の人が使うと
顔のテカリがスッキリと取れるので
洗浄力の強い洗顔石鹸でも大丈夫なんです。

 

しかし、乾燥肌の人や敏感肌の人には
肌のトラブルを引き起こす原因になるので
洗浄力の低い洗顔石鹸を使うと良いですね。

また、どんなに優れたニキビ専用洗顔石けんでも
洗顔方法が間違っているとニキビが悪化したり
全く効果が出ていなかったりします。

洗顔

ニキビ専用洗顔石鹸を使って
ニキビが悪化した人の9割の人は
「洗顔方法は間違っていません」と主張するかもしれません。

しかし、洗顔方法を変えてみると
ニキビが減少したという話も聞きます。

 

洗顔では、以下のポイントを守り
洗顔をすることが重要となります。

・ぬるま湯で洗顔をする

・泡に水分を含める

・泡を立てるのに時間をかけない

・顔に1分以上のせない

・すすぎに時間をかけない

・洗顔料を残さない

以上が洗顔で守るべきことですが
これら全てを守っていてもニキビが悪化する危険があります。

それは、どうしてかは、こちらで解説しています。

↓↓      ↓↓

正しい洗顔方法をしているのにニキビが増える落とし穴

洗顔石鹸でニキビは治っていくのか検証!

洗顔石鹸でニキビは治っていくのか検証!

BS PRIME

洗顔石鹸でニキビが治っていくのかですが
肌のトラブルを解消させるような成分が
配合されている洗顔石鹸ならニキビが解消されていきます。

しかし、多くの人が騙されるのが
「皮脂を落とせばニキビは治る」ということ。

 

実際に「ニキビ専用」というような洗顔料を試してみても
イマイチ効果を発揮しないということや
逆にニキビが増えたと言う事もあります。

どうして、ニキビ専用の洗顔料なのに
ニキビが悪化するのか?

 

泡立ち

 

理由は、洗浄力が強いと言う事に落とし穴があります。

実は、皮脂を落とすことが
ニキビ改善ということではありません。

しっかりと肌に保湿効果を与え
ニキビの原因の根本を絶つような作用がなければ
ニキビは改善されるはずがありません。

 

肌質によっては、洗浄力の強い洗顔料でも
ニキビが改善されることがありますが
洗浄力が強い洗顔料に最適なのは脂性肌の方だと感じます。

理由としては、洗浄力が強い洗顔料なら
脂性肌の人の場合は顔のテカリがスッキリと取れ
不必要な皮脂がない清潔な肌になるからです。

 

しかし、乾燥肌の人や敏感肌の人には
洗浄力の強い洗顔料は最適とはいえません。

なぜなら、洗顔料が強いと必要な皮脂まで取られてしまい
しかも、肌の保湿まで奪われるので肌が乾燥してカサカサになったり
ニキビが悪化したりするからです。

敏感肌の人の場合は、洗浄力の強い洗顔料は
肌に刺激を与えることになるので肌にダメージを与え
顔がヒリヒリする可能性もあります。

 

肌質によっては、洗顔料の種類を変えていく必要がありますが
なんでも、洗浄力が強い洗顔料を選べば良いというわけではないので
洗顔料を選ぶ場合も、あなた自身の肌質を知ってから
選ぶようにしたほうが無難と言えます。

BS PRIMEは、刺激が少なく保湿成分も配合されているので
乾燥肌の人や敏感肌の人には最適な石鹸となります。

↓↓      ↓↓

保湿成分がお肌の奥に浸透「BS PRIME」

洗顔石鹸の泡立ては美肌を求めるならやめた方が良い理由

洗顔石鹸の泡立ては美肌を求めるならやめた方が良い理由

泡立ち

 

洗顔石鹸の泡たては、思春期の頃の肌のように
皮脂分泌が盛んだった頃なら効果的な洗顔法でした。

しかし、大人ニキビには、ほとんど効果がなく
場合によってはニキビを悪化させる手法になりかねません。

 

BSPRIMEもキメ細かい泡で洗顔をしていきますが
顔は絶対に合わ洗顔をしなければいけないわけではないんです。

美肌を追求する人は、ぬるま湯だけで洗顔をしていることが多く
洗顔料を使用しない人が多いようです。

 

ただ、洗顔石鹸は優れた効果を持っていても
洗顔方法が間違っている場合は効果を発揮しません。

洗顔石鹸でニキビが悪化したという人の7割は
洗顔方法が間違っていると言っても過言ではないでしょう。

 

自ら間違った洗顔方法で皮膚のバリア機能を壊し
皮膚のトラブルに結びつかせていることに気が付かず
洗顔料のせいにして、毛穴をスッキリさせず
気分をスッキリさせているわけです。

洗顔料の、すすぎ残しがあると
そこに黄色ブドウ球菌やアクネ菌などが残って
肌のトラブルを招いてしまいます。

 

すすぎは、洗顔料が肌に残らないように
時間をかけて行なうのがコツと言えます。

 

また、刺激の少ない洗顔料を使って
すすぎは、30度くらいのお湯で、すすぎをしっかりと行います。

肌に刺激を与えない洗顔石鹸は
敏感肌の人にも使用が可能なので
BSPRIMEを使ってみると良いですね。

↓↓   ↓↓

黒い洗顔石鹸「BS PRIME」

BSPRIMEはしっかり洗えて安心して使えるのか検証!

BSPRIMEはしっかり洗えて安心して使えるのか検証!

ビーエスプライム

BSPRIMEは、しっかりと洗えて安心して使えるのかですが
成分的にも副作用が出るとかといった危険な成分は
全く配合されていなくて自然な成分が配合されているので
安心して使うことが出来る洗顔石鹸です。

BSPRIMEには、保湿成分が配合されているので
洗浄されてしまった肌の保湿も補充をしつつ
毛穴の奥まで洗浄をしていくので乾燥肌の人にも最適な石鹸です。

 

また、プレゼントとしてもらえる泡たてネットで
洗顔をするのは従来の保湿成分が配合されていない石鹸では
タブーとされていていました。

理由は、泡洗顔だけでは大切な皮脂まで取り除いてしまい
逆に肌のトラブルを引き起こしてしまう恐れがあるからです。

 

泡立ち

 

肌のトラブルは、乾燥から始まっていると言っても過言ではなく
肌の乾燥自体は美肌を求める人にとっては大敵の何者でもありません。

まして、ニキビを治したいというなら
洗浄力の強い泡洗顔は避けたほうが無難だと言えます。

しかし、BSPRIMEは泡洗顔を推奨しているので
使えない石鹸なのかといえばそんなことはありません。

 

なぜなら、泡洗顔というのは水分が泡に含まれていれば
特に問題なく肌にも優しい泡洗顔と変貌するからです。

ただ、勘違いしてほしくないのは、泡洗顔が悪いではなく
洗浄力の強い泡洗顔は、やめたほうが良いということです。

 

洗浄力は決して強くないBSPRIMEですが
保湿成分がタップリと配合されているので
肌にやさしい泡洗顔になるのは間違いないでしょう。

肌のトラブルを避けたい人は
BSPRIMEを試してみると良いでしょう。

↓↓       ↓↓

保湿成分がお肌の奥に浸透「BS PRIME」

正しい洗顔方法6つのサイクルで行なうとニキビはできなくなる

正しい洗顔方法6つのサイクルで行なうとニキビはできなくなる

洗顔

正しい洗顔方法は、一つのサイクルとして
洗顔をしていきますが、この中の一つでも間違っていると
どんなに優れた石鹸でも効果は発揮しません。

正しい洗顔方法の6つのサイクルは以下の通りとなります。

・手を洗う

・洗顔料を泡たてる

・Tゾーンから優しく洗う

・目元や口コとは泡を乗せるだけにする

・ぬるま湯で最低でも20回はすすぐ

・清潔なタオルで顔の水分を取る

まず、清潔な手で洗顔をするために手を洗います。

汚れた手で洗顔をするというのは
手の汚れを顔になすりつけているようなものですし
泡立ちも悪くなるので、清潔な手で洗顔をするようにします。

ビーエスプライム

Tゾーンからやさしく洗い始めますが
モコモコした泡ができたら手と肌の間にクッションのように
泡を乗せて頬や皮脂の多い部分からやさしく洗っていきます。

指は出来る限り肌に触れないようにして
泡で洗うような意識で洗顔をしていきます。

 

乾燥しやすい口元や目元は
泡をのせるだけで十分です。

すすぎは、ぬるま湯で最低20回くらい
すすいだほうが洗顔料が落とせるので
洗顔料が肌に残らないように、すすぎを行います。

 

お湯は33度~36度くらいが理想的と言われています。

 

最後は清潔で柔らかい素材のタオルで
顔の水分を抑えながら取り除きます。

どうして、このようにするかといえば
洗顔後の肌はデリケートな状態になっているため
バリア機能が壊れやすくなっています。

なので、素材の固いタオルで顔をゴシゴシすると
バリア機能が壊れ肌のトラブルを引き起こしやすくなります。

 

ですから、清潔で肌触りの良い
なめらかなタオルを使用することをお勧めします。

そうすることで、ニキビ予防の洗顔石鹸を使用しても
効果を2倍に引き出すことが出来るということになります。

ニキビに悩んでいるなら、こんな石鹸で洗顔をすると良いですよ。

↓↓      ↓↓

ふわふわで弾力のある泡と肌を守る天然成分配合の石鹸

タオルを清潔にしないとニキビが悪化する3つの原因

タオルを清潔にしないとニキビが悪化する3つの原因

洗顔

洗顔をする時に顔を拭きますが
この時にしてはいけないことがあります。

それは、以下の通りとなります。

・洗顔の度にタオルを換えない

・硬い素材のタオルを使用している

・タオルでゴシゴシ顔を拭いている

洗顔後のスキンケアは重要ですが
洗顔をする度に、タオルを新しいものに交換をしたほうが
雑菌が付いていないため顔に雑菌が付着しなくて済みます。

 

タオルを新しいものに交換をしないで
顔の水分をとっていては、どんなに優れた石鹸でも
ニキビが悪化しやすい状態になります。

例えば、使用した食器を洗わないで
他の人が使用した食器をそのまま使用するのと同じで
他の人が使用したり、タオルを一度使用したもので洗顔をするよりも
面倒でも新しいタオルと交換をしたほうが良いと言えます。

 

常に清潔なタオルで洗顔後に使用すると良いですね。

 

また、硬い素材のタオルでゴシゴシ水分を取るのは
肌にダメージを与えているのと同じなので
こういうケースも、肌のトラブルを引き起こす原因になります。

硬い素材でなくても顔の水分を取ろうと
ゴシゴシと拭くのは肌にダメージを与えているので
タオルを顔に押し当てるように水分を取り除くと良いでしょう。

肌のトラブルを防ぎたいという人はこういう石鹸で洗うと良いですね。

↓↓      ↓↓

毛穴の奥までスッキリ落とせる洗顔石鹸